前へ
次へ

住まいのチェックで見えるところと見えないところ

住宅に長く住んでいるとそれなりに傷みが出てきます。
分かりやすいのは壁などに現れるひびで、小さいものから大きいものまで見つかるかもしれません。
ひびがあるから必ず補修しないといけないわけではありませんが、ひびがあればそこからさらにひびが広がる可能性もあるので注意がいるでしょう。
壁のひびなどは一般人でもそれなりに見つけることができますが、それ以外の部分の中には見つけられない問題もあります。
まず床下の問題は床に潜らないといけません。
基礎などにひびがあれば基礎の補強などが必要になるでしょうが、専門家に見てもらって必要かどうかの判断をしてもらいます。
屋根の状況も一般の人が簡単に上がって調べられない所でしょう。
雨漏りの原因になるような問題が無いかなどを診てもらい、必要な補修箇所をチェックしてもらいます。
最近はドローンを操作して家の周りの様子を撮影して調べるときもあります。
人がチェックしにくいところも見られるようになっています。

Page Top