前へ
次へ

宅地建物取引を生業とする業者に対して

宅地建物取引業者というのは宅地建物取引業法に規定されている内容としては、宅地もしくは建物売買もしくは交換または宅地もしくは建物の売買交換などを売却する行為を生業とするものということになります。
業者として認定されるという必要性があり、特定の資格がある人が必ず配置されていなければならないというようなものになります。
不動産の取引というのは不動産会社を介する場合において必ず相手に重要事項の説明をしなければならないということになっています。
取引条件に関することとか物件の瑕疵などについても必ず説明をしておかないと相手が今後一方的にその取引は無効であったと主張できるようになっています。
不動産は購入する側が全てのその情報を手に入れることができるというわけでもなく。
また専門的な知識があるとも限らないということになっていますので、業者側により重い説明責任が課せられているということになるわけです。
これは実によい制度といえるでしょう。

Page Top