前へ
次へ

こまめな修繕をすると将来の修繕費用が抑えられる

分譲マンションなどの集合住宅では修繕費用を住人で負担してそのお金で修繕などを行います。
自分の部屋が問題が出たから修繕してほしいとしても、共用部分は勝手に修繕してもらうことはできません。
一方一戸建ては所有者が管理をしないといけないので、修繕計画などは自分で建てないといけません。
住宅を購入したらそれ以降は何もしなくていいと考えがちですが、それぞれの設備には耐用年数があり耐用年数ごとに交換などの見直しをした方が良いとされます。
耐用年数ぴったりに行う必要はありませんが、耐用年数経過時にチェックをしてもらってどんな状況かを調べてもらうと良いでしょう。
戸建て住宅は自分で修繕計画を立てないといけないので、全く立てていない人は修繕を行わないために家が傷み、いざ修繕をしようとしたときにかなりの費用がかかるときがあります。
一方計画的に少しずつ修繕をしていると、全体的な傷みを減らせるからか負担が少なく済むときもあります。

Page Top